TOP > 催物情報 >忍者道場


甲賀の里へようこそ!
「忍びとは刃の心を持ち合わせ者―。」
お主は忍術村に待ち受ける九つの関門を見事に制覇し真の忍者の称号を掴み取ることが出来るかな?!
すべての試練に耐え抜くことが出来たものには、免許皆伝巻物を授けよう!!
 石垣登りの術 お城の石垣を登るための修業です。
ロッククライミングの様に石垣を駆け上がろう!!
行手を無情に阻む障害。
しかし、己の勇気と根気でそれらを
克服できるだろう。
まず鍛えるべきは精神力・・・。
 塀越えの術 下げ緒七術という忍術の一つ。塀登りの術!!
刀をうまく利用して見事に塀を越えよう!
「臨機応変」それが成功への鍵。
刀はなにも敵を倒すことだけが
役割ではない。
すべてにおいて自らを生かす
最も重要な道具なのだ。
闘 塀横歩きの術 塀の横のわずかな隙間をすばやく移動。
塀に背中をつけて敵に背後をとられないように・・・
静かに・・・そして滑らかに・・・
背中の塀と一体感を持てた時、
驚異のスピードを得るだろう。
者 壁づたいの術 今度は石垣などを横に移動する修業だ。
ちゃんと進行方向を向いて進むことが出来るかな?!
瞬時の判断、
そして目標達成へのイマジネーション。
見た目はシンプルでも己の経験と
センスが瞬時に要求される。
 綱渡りの術 滑車を使って谷を渡る修業だ!!
ロープにぶら下がり一気に反対岸をめざそう!!
   綱渡りの修業場所は  
只今メンテナンス中です 
まず乗り切るべきは恐怖心との闘い。
高所を克服しなければ
忍者の称号は得られない。
心してかかるべし。
 坂道上がり術 急斜面を一気に駆け上げれ!!
道なき道を行く・・・それも忍者には必要なこと。
一見すればただの坂道。
だが足元に広がる大地が
無情にも駆け上がる者達の行方を阻む。
敵は自然なり。
 一本渡り術 丸太の橋の上をうまくバランスを保ってわたれるかな??
ここで必要なのは体力ではない。
ましてや知力でもない。
やり遂げるという己の信念・・・。
そして集中あるのみ。
 井戸抜けの術 井戸に見せかけた地下通路を抜けるとその先には・・・
暗く深い井戸に挑むことかできるかな?!
小さき野獣に変化して
秘密の通路を駆け抜けろ。
闇の向こうに射す光の中に
求めていた忍びの真理が見えるだろう。
 水蜘蛛の術 最終関門・・・水上歩行器を使って水の上を渡り反対岸までたどり着こう!!勇気を出して・・・覚悟はよいか??
心・技・体すべてが一つに交わった時、
人は強靭な力を発揮するという。
歩を止めずに歩み続ければ
渡りきれない場所など無いのだ。
見事最後まで修業を終えたものには
「免許皆伝」の巻物を授けよう!!

●実際に甲賀の里忍術村では、様々な忍者修業を体験していただけます。
◆忍者道場への参加の仕方◆
・忍者体験するには、忍者道場への参加する方法とオリエンテーリングにて体験する方法がございます。
いずれも参加費は無料で忍者修業を楽しめます!!
「忍者道場」への参加をご希望の場合
村内アナウンスで集合場所をお伝えしています。村内アナウンスがありましたら集合場所へお越しください。
(開催時間:不定期・所要時間:1時間程度)
 ※忍者道場の開催は悪天候・混雑状況等により予告なく中止する場合がございます。予めご了承ください。
 ※忍者道場の修行コースはメンテナンス等の為予告なく使用中止することがあります。予めご了承ください。

「オリエンテーリング」にて忍者体験をご希望の場合
「忍者道場を制覇せよ」をプリントアウトしてご自由に忍者修業をお楽しみください。その際に各ポイントに記された忍び文字(白色の文字)を集めていただくと、売店にて「免許皆伝」の巻物をプレゼントしています。
※受付でお配りする村内パンフレットでも忍び文字を集められます。
※筆記具は売店でもご用意しています。
安全にお楽しみいただけますように・・・
●忍者道場の修業コースは高いところに登ったり、不安定な場所を歩いていただくような行程が含まれます。安全にお楽しみいただけますように、ビーチサンダルやスリッパ・ハイヒール等での挑戦はお控えください。
●本来の使い方と違った使い方やふざけてのご利用は大変危険ですのでおやめください。また、挑戦するにあたっては自己責任で挑戦していただきますよう御願いいたします

●その他「忍術村からのお願い」に記載されているようなことをお守りいただき、安全にお楽しみください。

TOP